ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月28日(火)

最高のステージでした

潤くんと、出会えてよかった。
生徒ひとりひとりを見てる、あの大きくて、温かく頼もしい、力強い背中が、
もう愛しくて愛しくて誇らしくて、涙が止まらないーーー!


好文館高校吹奏楽部43名のみなさん、そして潤くん、
素晴らしい演奏をありがとう!!
感動した。すごく、すごく、感動した!
最高のステージだった!!


音楽って、誰かのために、誰かに何か伝えたいっていう思いを表現する、
一つの手段なんでしょうけど、そんな「音楽のチカラ」も強く感じました。
私にとっても、一生忘れられない最高のステージでした。

佐渡さん。
「下向いちゃダメ」「お芝居といっしょ。ここ(胸)でお客さんに喋らないと」
「みんな演奏したい理由がある」
佐渡さんの指揮に対する思いにも、胸が熱くなりました。
本気で叱って伝えようとした、強くて熱い佐渡さんの指導あってこそ、でしたね。
ばしっと叩かれた、あの胸の痛みが、本番の指揮終わるまで、
ずーーーっと潤くんの胸に、励みとなって残ってたんじゃないかな。
円陣あたりから涙し、始まる前の強い拍手、目を閉じて潤くんのコメントを聞く表情、
握り合う手と手、ぐっときました。
佐渡さんの思いも全部乗っけてたんだものね。
だからこそ、佐渡さんから認めてもらえて、本当にうれしかった。

でも、本当にまさかまさか、ここまでのパフォーマンスだとは思ってなくて…。
松本潤、というひとりの人間の、「一度きり」に懸ける本気に、
心揺さぶられて、なんかもう、とにかく胸がいっぱい。
なんとも表現し尽せない、ものすごく大きくて強い衝動と感動で、何度も見てます。


どこまでもひたむきで、強くて優しい人。
「強くならないと、優しくできない」って、未来ダンスを思い出したりしたよ。
真摯で、とことん真面目で、一生懸命で、そこから生まれるものを信じてる、素直なかわいい人で。
温かくて、悲しみや痛みにそっと寄り添える懐の深さがあって。
ちょっとばかり不器用で、緊張しいで。
それを、とにかく気力と努力でカバーして、とんでもないところへ連れて行ってくれる。
今まで見たことなかったものを見せてくれる。
だから好きなんだ。


本番。
もー宇宙の果てまで届きそうなくらい緊張してる潤くんが、
客席に深く深く礼をした姿から、すごく覚悟を感じたし、
台に上って、ふうって大きく一息ついて、笑って、構えて、「いくよ」って言った直後の、
あの瞳が忘れられない。
あそこでもう完全に心掴まれたな。

演奏が始まってすぐに、「こーれは、かなり練習したんだろうな」って伝わってくる指揮で、涙腺崩壊。
生徒と目を合わせ、指揮棒を振って、ドラムがどーんと入る瞬間!
クラップで会場が一つになって、ダイナミックに、力強く指揮棒を振る瞬間!
もうどんどん、ぐいぐいと引き込まれました。
素晴らしかった。

「まっつん」と呼んでくれる生徒たちと、最高の思い出を共有できて、よかったね。  
ひとりひとりと向き合って、話を聞く、手を握る、潤くんらしい対話が、とことんらしくって好きだよ。
「一つ一つの音が愛に包まれていて」と表現する潤くんも、なんからしくって好きだよ。


演奏終了後、全部出し切って、感極まって震える声、大きな、真っ直ぐな潤んだ瞳。
そこに見つけた、覚悟と努力と、勇気と愛と。
一生忘れないよ。
最高にかっこよかったです。
限られた時間の中で、たくさんの思いを乗せ、指揮をする、
想像以上に大変で、重責だったろうと思う。
それを、あんなに素敵で感動的なステージに。魔法かけたね。
やっぱり「松本潤」の何かに懸ける思いの強さってすごいね。
それが人を感動させるんだよ。
届けたかった思い、武道館越えて、ちゃんと届いたよ。
それはもう、溢れんばかりに。
潤くん、おつかれさまでした。ありがとう。 
これからも、ずっとずーっと、応援してるからね。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

鍵コメTさまへ

こんばんはー!

お恥ずかしいながら、私は今回の企画を通して初めて佐渡さんを知りました。
そして厳しくも温かい人柄に触れ、感激。いつかコンサート、観に行ってみたいです。
熱いハートの男同志、相性ばっちりでしたよね、ほんと^^

私は、どーしても不安そうな、どこか覚束ない表情をしてるスポットがずっと頭にあって、
本番前、吐きそうなくらいドキドキしてた人間です(笑)
でも想像をはるかに超えていたので、あんなに素晴らしいステージを見せてくれるなんてーって、
涙と鼻水でぐっちゃぐちゃ(笑)

そしてあのステージを見て、音楽関係の方、素人の方、潤くんを好きな方、
別に普段はなんとも思っていない方、いろーんな方からお褒めの言葉をいただいて、
ファンとして本当に嬉しかったです、私も。
潤くんのいいところがぎゅーっと詰まったステージでしたし、
これを機に、ファン増えたでしょうねー( ´艸`)

そうそう、with、今日買ってきたばかりで、まだ読めてないんです。
今晩あらしちゃんの後にこっそり(笑)読もうと思ってます^^

コメント、いつもありがとうございます。
励みになってます^^

 

えるざさんへ

あははははは!
そういえば、前髪前髪って(もちろん私含め)潤担のみなさん、気にされてましたもんね!
でも、あって正解でしたよね。なかったら、どうしてもキツく見えちゃうし。

私も、佐渡さんがあんな風に叱ってくれてたなんて知らなくて、
最初見たときはびっくり&感動&感謝でした。

本番、涙を流しながら見ている佐渡さんしかり、
後で佐渡さんから嬉しいお褒めの言葉をいただいて、感無量です><

まだまだ、余韻が残ってますものね。
どんどん、吐き出しましょ!
コメント、ありがとうございました。

 

はるさんへ

どんなに技術があったとしても、ハートがなかったら、
あんなに素晴らしい演奏にはならなかったですよね、きっと(涙)

私も、はるさんがおっしゃっている潤くんの姿勢、たまらなく好きです。
そして、楽譜!!!
私、後で知りまして。リアルタイムでは気づかなかったんですよー。
はるさん、よく気づきましたねー!すごい。
なんていうか、潔いというか、どこまでも信念の人ですよね。

いやぁ、本当どれだけの練習をしたのでしょう。
生徒さんの思いについても、自分なりに受け止めて考えるという作業も必要だったでしょうし。
いやー。惚れますね(T-T)


> 佐渡さんの涙とガッツポーズが、全てを物語っているようで。。。涙腺崩壊でした。
確かに!!!
佐渡さんのコメントや拍手、ガッツポーズにも、泣けて泣けてしょうがなかったです。
そして佐渡さんに感謝、ですよね。

でもまだまだ全然話し足りませんw
また、じっくり、語りましょうね!
コメント、ありがとうございました。

 

O(≧∇≦)O

ホントに最高でした!

始まる前、前髪があるのかないのかとか。やっぱりチャリTなのか。どうせなら燕尾着てくれ~だのとか。
もうほんとごめんなさいって平謝りに謝ってました。

あそこまで厳しい言葉を佐渡さんからぶつけられてたなんて知らなかったので、びっくりするのと同時に佐渡さんに心から感謝しました。
だって、あの表情!
演奏を聴きながら涙ぐんでる佐渡さんの顔を見たらT_T

ホントにただただありがとうです。
私もまたもや愛を叫んでしまいましたよ(///∇//)

 

ありがとう、ありがとう!!

本当に。
心のこもった、素晴らしい演奏でしたね!!
技術ではなく、気持ちで伝えることの意味を
熱くも温かく指導する佐渡さん。
いつも、ハートで伝えようというスタンスの松本さんに、伝わらない訳がない!
(こういう時、全力で応えようとする姿勢が大好き)
本番当日、指揮台に楽譜がないのを見た時。
松本さんの力強い信念を知って、そこからもう泣きそうでした、私。
そして、そこにたどり着くまでが、生半可な努力じゃなかったことを想像できるから。
心が震えるんですよね。感動が溢れるんですよね。
 
佐渡さんの涙とガッツポーズが、全てを物語っているようで。。。涙腺崩壊でした。

MIKIさんの言葉に、ひとつひとつ頷きながら読ませてもらいました!

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。