FC2ブログ
 
ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

09月01日(水)

歴史的誌面ジャック

こんにちは!今日から9月ですね。
今年もあと4ヶ月と思うと、気持ちが追いつきませんね。
そろそろ、片付いていない懸案事項もやっつけていかねば。

そんな私に、最近刺さった言葉。MOREでの二宮さん。
「今、あるものを大事にしないで、自分にないものを
や未来を望むっていうスタンスが好きじゃない。
なんかさ、自分が頑張ったなぁと思えるものがひとつでもあれば、
人生、それでいいと思うんだよね(中略)
何をするにも他人に認められたいとか思っちゃうけど、
まずは自画自賛(笑)自分で自分をほめられる毎日が大事」。


二宮さんて、意外と自分に甘い部分もあるんだと。
自分に甘いというか・・自己完結するってことか、彼が言いたいのは。
とすると、他力本願なところがないという意味では、
やはり自分に厳しいのか。うん。

私にとってはまた新しいニノミヤカズナリの一面を覗いたというか。
実際、自分で自分をほめられる毎日、おっしゃるとおり大事だなと。
自分で納得して1日を終えられれば、次の日も頑張れますしね。
今日はこれをやった!って、気持ちよく眠りにつけるってもんです。
それは、誰かの力を借りるのではなく、自分でしかできないことですもんね。

ということで、当面の目標は、二宮さんのお言葉を拝借して、
「自画自賛できる日を1日でも多く(笑)」に。
年末までガンバです。

さてー、今日はTV LIFE発売日ですね!!
久々にTV LIFE編集者ブログを覗いたら、
罰ゲーム撮影秘話や見所などたくさん書かれていました↓。 ★マネキン総選挙撮影裏側(8/29)
雄姿?をこうやって誌面に残して下さるのは、
都内住みでないファンにはとってもありがたいですねー。
それにしても、前回の罰ゲームグラビア撮影時の廃人潤くんが頭をよぎり、
今回の撮影に対して、“気持ちの準備”をする撮影スタッフを思うと笑えました。

史上初!歴史的誌面ジャック(8/30)
いやぁ本当、歴史的ハッピーバースデー号ですね。
すべては、まさかのV2を達成したために起きた、
これこそまさかの“同一人物3大グラビア掲載”。
創刊28年の歴史の中でもちろん史上初めてのことで、
今後もこの記録を破る人は現れないと思います。

ですと!!
うーん、今から楽しみ過ぎる♪♪今晩買いに行けたらいいんですが。

そして、月曜のHEY!HEY!HEY!、編集して見ました。
5分もあればいい方?と思ってたら、30分近くもあって見応えありましたね。
ピカンチダブルのときの、みんなのビジュアルが非常にツボです。
翔ちゃんはあれくらい髪が黄色くても男前だし、
潤くんのとんがった髪も若さ全開で、
でもやっぱり色気だけはこの頃もプンプンしてて、いやぁ新鮮。
今はもうみんな落ち着いて優等生って感じですが、
またこのくらい弾けてみてほしいですねー(外見の話)。
もちろん年齢とのバランス考えた上でですが、
つんつん、どんがった嵐さん渇望。

それにしても、ピンクジャケットのえらく男前な潤くんにやられて、
いまも彷徨い中です(笑)
今よりちょっとキリリって感じのビジュアルが、大雅くんとギャップがあって、
非常によかったです。

で、リーダーのエアーベースには爆笑。なんてやんちゃなんだ。
落ち込んだ時はこれ見て頑張れそうです(笑)

そして、こうやって過去映像見るたびに、
あの頃リアルタイムで応援してたらなぁって思ってしまいます。
ゆえに、10年先、20年先を思い、
今嵐さんと過ごしている時間を大切にできている気も。
振り返ることができる思い出があるって、幸せですね。


いつもたくさんの拍手、ありがとうございます
とっても元気が出ます。
--------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
1クリックしていただけると励みになります
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 男性アイドルグループ
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment