ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月14日(木)

大奥感想

こんにちはー。ついについに、VS嵐SPですねー!!

<メモ>
★本日のVS嵐→久しぶりの「VS嵐」は2時間スペシャルですっ(広報のおしごと)
くーっ、これ読んだだけでテンション上がります!!本当に超豪華!!
フォーリングパイプは潤くんとさんまさんですって!
さんまさん、好きなんですよねー。2人ともどんな駆け引きを見せてくれるんでしょうね。
IMARUちゃんとよく会うって寿司屋の話とかどうだろう。
IMARUちゃんネタは効きそうだし。いしししし。

それにしても、二宮さん祭りで思うようにダビングもHDDの整理も進んでないけど、
少しずつレギュラーの日々が戻ってくるのはやはり嬉しい♪

で、先日の笑っていいとも特番、見ました。
時間がなくて、二宮さんが映ってるところだけ、ですが・・・。
とにかく、安心して見れましたね。中居くんとのキャッチボールのあの安定感。
後輩だからっていうのもあって、たくさん振ってくれましたけど、
多少急だったり、えっ!?って振りも、最終的にきれいに受け止めて消化してくれる
もんだから、中居さんも安心して振ってた感じ。
手押し相撲も、すごい安定感で。最後ジャンケンでしたけど、しれっと優勝して。
素晴らしい!!おいしいところ全部持って行きましたね。さすがです。
とにかく終始「安定感抜群」な二宮さんでした。
はねとびも見ましたけども・・・、どうも番組のノリに元々ついて行けないところが
ありまして(笑)。昔の写真が出てきて、
肩を揺らして無言で失笑してる二宮さんがMAXだったかな(笑)。
恥ずかしがってるのがすごいかわゆい。

そして、レギュラーたちが戻る前に、大奥感想を。
主人が息子をみててくれるというので、実は公開2日目に見に行きまして。
端っこでひとり鑑賞してきました。
超満員で、中高生だったり、家族連れだったり、40・50代くらいの夫婦だったり、
本当幅広い年代層でした。
始まる前のざわざわ、今か今かと待ってるみんなの期待感とか、
終わった後、Dear Snowバックに流れるエンドロールに、誰一人席を立たなかったり、
その辺が印象的でした。

では、本編感想。ネタバレあり。豪華でしたね、キャストもセットも衣装も。
そして、思っていたより全然わかりやすく見やすい映画でした。
あまり構えて見なくてもよかったな、という感じ。
原作を読んでなくて、ドラマのイメージで行ったので、
もっともっとドロドロしてるのかと思ったら、結構あっさりだったなと。
(このへんの感じ方は個人差あると思いますけどね。)
これなら、本当家族揃って見れる感じ。終わった後、後味悪いなんてこともないし。
ひとつひとつのシーン、どれも丁寧に作られている印象で、
どのシーンもそれなりに印象深いっていう、終わるまでずーっと楽しめる映画でした。
二宮さんは言うまでもなく、他のキャストの方みなさん素晴らしく、はまり役で。
特に、佐々木蔵之助さんの演技が個人的に好きでした。悪そうなんだ、非常に(笑)

ただ、主演の水野さんに少しばかり言いたいことが。
曲がったことが大嫌い、自分なりの正義は何かを犠牲にしてでも貫き通す、
男らしいかっこいい人でしたけど、
未だに、どうしても、どうしても気になることがいくつかありまして。
いや、物語全体からしたらくだらない、些細な事なのかもしれませんけど。
お信と将軍に対する言動なんですけどね、これ、私だけなのかなぁ(笑)。

お信に対して「達者でな」って、別れを告げた際にキスしたじゃないですか。
あれは正解なの!?あり!?
もうバイバイってことなんでしょう!?お信からしたら、ずるいよなぁと。
よくよく考えてみましょう、自分の担当に置き換えて(妄想と想像は自由、笑)。
すごくすごく好きなわけですよね、これから大奥に行くその人が。
でも身分の違いもあるし、忘れる決心のひとつとして、この人は大奥へ入るわけだ。
なのに、あんな顔してキスされたら、死ぬまで引きずりそうなんですけど!!
忘れようにも忘れられないんですけど!!到底無理っ!!
乙女心を甘く見るんじゃないっ(笑)

いや、お信に真剣だったって伝えたい気持ちはわかる。
でも不意打ちにキスなんでずるい~。男らしくない~。水野らしくない~(笑)

で、極めつけは将軍とのおしとねシーン。
今だけはお信と呼ばせて下さいって、これまたあれは正解なの!?あり!?
将軍によく言ったよ(笑)。
まぁそれがより将軍の同情を引くわけだけど。
本当は他に想ってる人がいる、その想いを胸に死んでいく、
それはこの時代なら珍しいことではなかったんだろうけど、
そんな風に言われたら、なにもできないよー(笑)

なんかどうも、その辺が自分が持つ水野のイメージと違和感があったという話です。

逆に、一番好きなシーンは、城内の橋の上で、こんなことになるんならって1人つぶやくシーン。
台詞の間が絶妙!!泣けたなぁ、無性に。
あと、大奥に入ってしばらくして、竹ほうきで剣術の練習してるところ!!
あのときの楽しそうな水野の顔が、妙にツボで。DVDになったら必ずリピするであろうシーン(笑)。

そして、Dear Snowは映画見終わって聴くとよりしみますね。
映画のために作られた曲ですもんね。

次はGANTZスーツの二宮さんですねー。ギャップがすごい。
その前にもう来週からフリ家だし。楽しみですね♪

いつも拍手、ありがとうございます
--------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
1クリックしていただけると励みになります
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 男性アイドルグループ
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。