ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月16日(水)

今日を懸命に生きる

こんばんは。

嵐からのメッセージ、とても心に響きました。
月曜日のZEROでも、翔ちゃんの姿を見て、声を聞いて、とても安心しました。
表情からは、何か覚悟のようなものを感じました。
いっしょにがんばりましょう、できることをやっていきましょう、みたいな。

私はというと、ずっと、いろいろと考えてました。
私には、何ができるんだろうか。

ZEROでも言ってましたが、個人でできることというのは、やはり義援金だと。
うん、私にもそれはできる。
でもそれでも、ずーっと、なんだか焦点が合わずにいました。

関西でも場所によると思いますが、私が住んでいるところでは揺れも感じませんでした。
あの日の夕方TVをつけて、初めて知ったんです、地震を。
先週末も、関西は穏やかないい天気。
公園には家族連れがたっくさん来ていて、子供たちが元気いっぱい走ってました。
まさに、見た目いつもと変わらぬ日常。
でも一瞬でなくなってしまうかもしれない日常。

そんな日々、心のどこかで、こんなこと(普通に生活する)してていいんだろうかって思う自分も。

後ろから迫る津波から逃れるのに、孫を背負って必死で逃げたっていうおばあちゃん、
ストレスで母乳が出なくなって、毎日スーパーにミルク求めて並んだっていうお母さん、
いっしょに逃げてたけど、後ろを振り向いたらもういなかったと、肉親を亡くした人、
まだ安否を確認できずにいるたくさんの人。
甚大な被害状況を知る度に、かける言葉も見つからない。

それどころか、被災地でお互いに助け合う姿を見て、
本来なら勇気づけ励まさなきゃいけない立ち場なのに、
逆にこちらが勇気や元気をもらい、温かい気持ちと強い絆に泣けてくる。

今も、懸命な救出作業、復旧作業が続いてる。
みんな一生懸命だ。
命を懸けてやってる。
国籍も関係なく。
小さな子供も、お年寄りも。

それでふと思った。
元気でいられる者が元気でいなくて、どうする。
いつまでもしょんぼりしてたら、誰が支えるんだ。

小さなことでも、自分にできることをやればいいんだ。
朝起きて、食べて、自分の仕事を全うし、寝て、また次の日頑張る。
気持ちだけは東に向けて、懸命に生きる。
それでいいんじゃないかと。

たくさんの人が懸命に取り戻そうとしてる日常だからこそ、
私たちがしっかり生きて、働いて、笑って、元気でいなければ。
それが結果、日本の再生につながるんじゃないか。
生かされてる時間を、無駄にしててはいけないなって。

月曜日、NHKで「いないいないばあ」が通常通り始まりました。
いつも見てたんです、16時から。
それで、通常通り始まって、すっごく安堵した自分がいたんです。
日常を感じたというか。

それで、このブログもしばらくお休みしようと思ってたんですが、
もしかしたら、なんでもない記事でも、逆にそれが誰かの日常に繋がってればと思い、
ゆっくりにはなると思いますが、少しずつ再開していこうかなと思っています。


日はまた昇る。
「想定外」っていう言葉にこれほどやるせない気持ちになることもなかったけど、
日本はきっと、それ以上の底力でまた元気になると信じてます。
日本って本当にすばらしい。
たくさんの人がそれに改めて気づけた今、ひとりひとりが動くことで、きっと大きな力になる。

「超絶かっこよかったねー!! 」
「やばい、かわいくない!?」
って、みんなで笑いながら過ごせる日々をいっしょに取り戻すべく、
今日もできることをして、がんばりましょうね。
今日を懸命に生きよう。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。