ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月12日(木)

Beautiful World

今朝は首を寝違えて痛いわ、GWの疲れが抜けないわで、まったくテンション上がらない今日この頃。

嵐を見ても見ても、なんだか心は満たされないのねー。
かわいいかわいい息子が元気でいるためには、
母親である私が心身ともに健康でいることが絶対条件だと思っているので、
心がカラカラ乾いたとき、かつ嵐が見たいと思ったときは、気の済むまで見ます(なんの宣言、笑)。
まぁある程度見て満たされる時もあれば、今日みたいに満たされないときもある。
完全に私の気持ちの問題なんだけど。

そういえば昨日、少クラ(3/25)のHappiness見てたら、
イントロ始まってすぐの「yeah、yeah、yeah」、
ほぼ出遅れることなく、タイミングバッチリで手を上げて歌う息子にびっくり。
今までそんなに熱心に見てた気もしないのに、実はよーーーーく見てるんだねー。
いやぁ、さすが私の息子だわ(笑)

でも、別の少クラ見てたら、「ブッブ、ブッブ」と言うので、
嵐から視線を外してよく見ると、嵐の後ろに映ってるセットの棚に、確かに車が2台。
やっぱり嵐より車なのね(そりゃそーだ)。


さて、アルバムとDVD発売決定から数日。
あのときは「息子が昼寝してる今しかない!」って焦って予約してて、
商品内容を詳しく見たりする余裕もなかったけど、
「Beautiful World」って、すごくいいタイトルだなーと改めて思う。
今のこのタイミングで、その言葉を嵐を通じて聞けるのが、なんかとても嬉しいし、
なんか無性にウルっとくるから不思議。

宮崎駿監督が、今回の震災についてコメントされたのを、ちらっとTVで見たんですが、
それがすごく心に残っていて、探してみたら記事がありました→(宮崎駿監督「絶望する必要ない」 大震災への思い語る(朝日新聞)

「埋葬も出来ないままがれきに埋もれている人々を抱えている国で、原子力発電所の事故で国土の一部を失いつつある国で、自分たちはアニメを作っているという自覚を持っている」
と語った上で、
「僕たちの島は繰り返し地震と台風と津波に襲われてきた。しかし、豊かな自然に恵まれている。
多くの困難や苦しみがあっても、より美しい島にしていく努力をするかいがあると思っている。
今、あまりりっぱなことを言いたくはないが、僕たちは絶望する必要はない」

すごく力強く話してらっしゃって、ドーンと響いたんですよね。

本当に美しい島ですよね、この国は。
もっと広げてみれば、地球も。
信じられないような奇跡が重なって生まれた地球。
そこで自然となんとか折り合いをつけて暮らしてきたわけで、
今後もそうやって生きていくしかないんだと思う。

それでもやっぱり、ここ(日本)で生きていきたいと思うし、
ふるさとに寄せる想いとか愛着っていうのは、自分が思ってる以上に自分の中にあるんだなーと。

♪「ふるさと」
めぐりあいたい人がそこにいる
やさしさ広げて待っている
山も風も海の色も いちばん素直になれる場所
忘れられない物語がそこにある
手と手をつないで口ずさむ
山も風も海の色も ここは ふるさと

めぐりあいたい人がそこにいる
やさしさ広げて待っている
山も風も海の色も ここは ふるさと 
君のふるさと 僕のふるさと

なんていい歌なんだろ。
嵐の見せてくれる「Beautiful World」の世界観、今からとても楽しみです。


以下、GWに行った宮島にて。
とにかく鹿を見つけては追う息子。
Boy meets shika@miyajimaの写真です。

①とりあえず、話しかけるところからスタート。「どこ行くの?」の図。
IMG_4910-1.jpg 


②急接近。思わず目をつぶる。
IMG_3493.jpg 


③が、懲りずについて行く。
IMG_4921-1.jpg 


④どこまでもついて行く。
IMG_4922.jpg 


⑤一転、別の鹿に追われる。追われると逃げたくなるのだった。
IMG_4925.jpg 


⑥最終的には、砂利を掴んでは「あい」と言って食べさせようとする。
そりゃあそっぽ向かれるって。
IMG_4936.jpg

あ、VSまであと少し。
いつもは録画で後で見るんですが、今日はリアルタイムで見ちゃおうかなー♪
息子よ、もう少しだけ今日は嵐に付き合ってくれーい!なのでした。

いつも拍手&コメント、ありがとうございますm(_ _)m
--------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
1クリックしていただけると励みになります。
blogram投票ボタン
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

鍵コメDさんへ

こんばんは。
以前、牧場に行ったときは羊に全く寄りつかなかったので、
鹿も恐がるだろうと思ってたのですが、結局は鹿が引くくらい後付けてました(笑)
それがなんとも可笑しくて笑わせてもらったので、アップしてみました。

コメントありがとうございました!

 

鍵コメHさんへ

こんばんはー。
ふむふむ、奈良公園のシカより温厚、メモっておきます^^
でも本当かも!
以前奈良公園行ったときは、シカに全く寄りつかなくて・・・。
何かを察知してたのかもしれませんねー(笑)「く、食われるー」みたいな(笑)

ふるさと、私もアルバムに期待です!

コメントありがとうございました!

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。