ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月10日(火)

これまでも、これからも

何度も『H』を読んでいます。大切に。


これからもずっと、
自分たちの必要だと思うこと、やりたいと思うことをやり続けて欲しいなー。
たとえそれが、その時点でファンの望んでいることと多少違ってはいても、
自分たちで選んで決めた道を進んでほしい。
それをきちんと受け止められる自分でいたいな、とも思う。
まー「寂しい」とか「もっとこういうの見たい、欲しい」とか、思ったりするんでしょうけど。
身勝手なもんでね。読んでいて強く感じたのは、
たぶん、このひとたちが一番、no arashi,no lifeなんだろうな。

相葉さんの言うように、
嵐が嵐のことを大事にしていれば、どんな形でもどんな状況でもいい。
これに尽きるように思う。
で、潤くんの言うように、
自分たちのやりたいことは内向いて自分たちがわかってれば大丈夫、とも思う。
そこさえブレなければ、たとえGPSに載っていない道でも、私はずーっとついていくと思う。
ヨボヨボになっても。泣いたり笑ったりしながら。

でも、回りの変化とか、変わってくことにとても敏感な人たちだし、
クレバーな人たちだから、なにも心配していない、実はw
わたしなんかが心配するのも失礼なほど、堅実で、プロな人たちだし。
ずっとずっと先を見てる人たちだし。
なのに、バカなこともやるし、残念なところも欠点もある、愛おしい人たち。
好きだなー、ほんと。

もう別にね、少々レギュラーなくても、なんなら今年ツアーやりませんってなっても、
そういうときなんだなと思うし、揺るがないし、不安にも思わない。
ドライでしょうかねw
それくらい好きだよ。それくらい信じてる。
五人が考えて、ベストだと思う選択を常にしてくれていると、100%信じられる幸せ。

だって律儀だよなーとつくづく思う。どこまで優しいんだろう。
(仕事と私どっちが大切なの?のくだり)
好きだなー、ほんと(本日二回目)


写真もよかった。
リーダーが唯一の椅子に座り、末っ子がシャッター押したのが採用された。
たまたま、なんだろうけど、やっぱりそこも嵐らしい。

で、ババ抜き負けたのね潤くん。そこも、らしいw


ところで、写真。
これってモノクロというより、セピアですよねー。
これをモノクロっていうの、少し抵抗ある。

「嵐が嵐として歩んできた道のり」を振り返るという特集(by上田さん)だから、
セピアにしたんじゃないかなぁ。
古い写真って色褪せるとセピアになるものね。
これまでの、変わらない部分(嵐らしさ)の象徴として、
ずっとずっと昔撮ったような、でもいつ撮ってもきっとこんな感じだよねっていう。
これまでも、これからも、ずっとこんな感じって、そんな一枚なんじゃないかと。

ま、あくまで私の感じ方ですけども。

読みたいときにすぐに出だせるところに大切に保管し、
見るたびにぎゅーっと抱きしめたくなる、そんな一冊となりました。

関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

鍵コメRさんへ

わー、うれしい!いらっしゃいませー、こんばんは!

変わりたいと思っている潤くんが好きなんですよねー。
髪型一つとってみてもそうだし、貪欲に、もっともっとって上見てる感じ。
嵐内でそれをはっきりと言うっていう立ち位置なんでしょうけど、
変化も楽しみたいですよね。
変えたくないと思ってるところは、嵐は変わらなそうですし。そこは安心してみてられるグループですよね。

これからみんなどんどん三十路突入するし、どんな風に変わるのか、私も見守りたいです。

コメントありがとうございました。うれしかったです^^

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。