ツイッター
★現在の閲覧状況
現在の閲覧者数:
★Profile

Miki

Author:Miki
★関西住。3歳の息子がいます。
★嵐がすき。贔屓は潤くん。
★きっかけはきみペですが、
 後戻りできなくなったのは花男です。
☆コメント・メール、気軽に送って下さいませ。
☆拍手コメントのお返事は、そのエントリー内のコメント欄で返信させていただいています。

★いつも応援ありがとうございます。

FC2とブログラムのランキングに参加しています。 一押ししていただけると、励みになります。

blogram投票ボタン
◆全記事表示リンク
◆現在のグーバーウォーク

謎の生物グーバーが動き回ります。

◆メールお待ちしてます^^

名前:
メール:
件名:
本文:

◆携帯版はこちらから
QR
◆Counter

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月30日(水)

今年もやっぱり最高じゃん(BW、DVD感想)

国立でのサマスプって特別ですね。
いや、国立自体がやっぱり特別なんだけども。

「サマー!」「スプラーッシュ!」に無条件で上がるし、
潤くん「濡れるぞ!覚悟しろよ!」観客「きゃー!(嬉)」って、なんかいいなーって。
そんな、海辺で水をかけあうバカップルみたいなこと(もちろん相手は潤くんで妄想)←
私もこの聖地で体験してみたいです、いつか(´▽`)ノ
 
05月17日(木)

16周年。

今日は潤くんの入所記念日ということで。16周年。

潤くんを見ていると、なんとなーくですが、
辛いことや苦しいことがあって苦悩することはあっても、
やめるとかやめたいって思ったことは一度もないような気がする。
それくらい、エンターテインメイントの世界に惚れ込んでるんじゃないかなぁ。
なにより、その世界でアイドルとして生きてる潤くんが好きだから、
卒業式の日に(多分すんごいドキドキしながら)ポストへ投函した小さい潤くんを思うと、
何年経ってもきゅんとする日。
これからも貪欲に、いろんなものを掴みにいってください。応援してます。


せっかくなので、しやがれの感想を少し。
 
05月11日(金)

どすっぴん末ズと美しい人。

ブログスタートして初めて「スポンサーサイト」表示されてしまった…。

コンニチハー。
ご無沙汰してます。
相変わらず、毎日が嵐と潤くんで脳内九割占めてる日々を過ごしてますが、
なにせもう、彼らのお仕事に着いて行くのに精一杯。
ちょっと留守にすると未視聴番組がすぐに溜るし。ありがたいことですがね。
思ったことをツイッターにポンと流せても、ここに書き留める時間がなかなか持てず。

が、ちゃぱ潤にパワーもらって元気に過ごしてます。
以下、時差ありもいいとこですが、書きたかったことをいろいろと。
 
04月10日(火)

これまでも、これからも

何度も『H』を読んでいます。大切に。


これからもずっと、
自分たちの必要だと思うこと、やりたいと思うことをやり続けて欲しいなー。
たとえそれが、その時点でファンの望んでいることと多少違ってはいても、
自分たちで選んで決めた道を進んでほしい。
それをきちんと受け止められる自分でいたいな、とも思う。
まー「寂しい」とか「もっとこういうの見たい、欲しい」とか、思ったりするんでしょうけど。
身勝手なもんでね。
 
04月03日(火)

カプラと書いて人生と読む。

ということでよろしいでしょうか、櫻井先生。
 (ひみあらで教壇に立って話す櫻井先生に感動した。相手に合わせた言葉や温度や接し方で。
  しかもあんなに理路整然と、答えられないよふつう。
  翔さんの頭の中って、経験したことが一つ一つ引き出しに整理されて詰まってるんだろうな。)


さて、最近リピリピのBETde嵐。(焼肉嵐の感想はH読んでからにします、なんとなくw)
 
03月21日(水)

ラッキーセブン第十話(最終回)感想

終わっちゃいましたねー。
笑って泣いて、あっという間の濃いーーい2ヶ月でした。
 
03月13日(火)

ラッキーセブン第九話感想

九話最高でした。しばらく震えが止まらないほどに。

☆アクションエンターテインメイント

社長の事件に関するハラハラと、甘酸っぱい恋模様のドキドキと、仲間や家族に寄せる想いと、
かっこいいアクションと。それらが絶妙なバランスで織り混ざって、
終始程良い緊張感があってよかった!

ラキセのアクションは、武器に頼らずに、基本動きで魅せるところがすごくすき。
(いつだったか肩たたきとちりとりで応戦してましたもんね駿太郎^^)
バンバン撃ち合わないし。流血も基本ないし。その点子供も見やすいのかなーと。

まーその分役者は大変だと思うけど、じゅんくんのアクション、かっこよくて華麗で、
もっともっともっと見たいって気持ちになる。

九話で格闘相手を演じた三元さんが、ツイッターでこんなことつぶやいて下さってます↓。
「相当危険なシーンですが、でもそれは無い時間の中でもリハーサルを重ね、
タイミングを何度も確認することで生まれる互いの信頼関係であのアクションをやれたのだと思ってます。」

こういうの素直に嬉しい。
まだ続いてる最終話撮影、怪我のないようにがんばれ!!!!!!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。